HOME > ブログ > 北イタリアへの旅 Vol.2

ブログ

< 北イタリアへの旅 Vol.1  |  一覧へ戻る

北イタリアへの旅 Vol.2

四日目。
ヴェローナにて2泊後、朝の散歩。
円形劇場まで歩き、近くの城壁廻りを散策。
石積城壁の迫力に圧倒される。


190315-1.jpg














朝食後、ヴェローナからヴィチェンツァへ移動。
現地ガイドと合流し、スカルパの住宅へ。
まずは「ボルゴ邸」の外観のみ見学。L型になった集合住宅で、建物奥に緑豊かな公園あり。
次に「ガロ邸」。外観から分からないが、集合住宅のポーチ軒裏にスカルパの補強梁が見える。
3階程階段を登り内開きの扉を開けると、暗い室内の奥にほんのり明るいLDKが見える。
ハイサイドの窓(FIX)から降り注ぐ光のあるLDKを中心に、各室が回遊できるプラン。
扉がほとんどない。
ここでも回遊しながら、展開する空間が続く。


190315-4.jpg 190315-5.jpg190315-3.jpg


次にパラディオのバシリカへ。
広場から眺め、まずは建物屋上へ。屋上から街並みを眺め、気持ちの良い風に吹かれる。
市職員の方が来られ、特別に内部大ホールを見学。とんでもない高さのホールだった。
古い建物を、外部に増築した建物により補強するという斬新な考え。

190315-10.jpg 190315-11.jpg

そしてパラディオのロトンダへ。
バスから降りると、現地ガイドから小高い丘の上にある住宅街を指さし、スカルパが勤めていた事務所があり
今は住宅として使われている話を聞く。

190315-2.jpg














徒歩でロトンダへ。広大な敷地の中に、長いアプローチのある建築へ。
各方面に出入口と階段を配置し、牧師であったオーナーが芸術家・音楽家とデスカッションする場であったとの事。
ベニスや田舎の田園風景・森・教会を見ながら、どんな話をされていたのか・・・・。

190315-8.jpg 190315-6.jpg

その後テアトロ・オリンピコへ向い、昼食となる。
広場で散策しているとフレンチブルドッグと遭遇し、思わずジャレテしまう。
そして飼い犬を思い出し、少しホームシックに。
昼食後、キエリカーティとテアトロ・オリンピコへ。
パラディオ73歳の時に改修した劇場のテアトロ・オリンピコでは、数分の演出を体感。
舞台には7本の通りがあり、すべて一度に見えないという構成。
一生懸命見ようとするが、確かに見えない。(笑)

190315-13.jpg 190315-14.jpg


夕方メストレのホテルへ。
皆さんと一緒に、電車でベネチアへ。
夕刻のベネチア・・・・。
細い通りを歩き廻り楽しい一時ですが、数分で自分の居場所が分からず・・・。
その後、皆さんとご一緒に夕食を。
食後に皆さんとシェフで記念撮影し、とても楽しい一時でした。

190315-16.jpg 190315-17.jpg


190315-18.jpg 190315-19.jpg


五日目。
朝食後、トレビゾへ向かう。
ブリオン・ヴェガへ。
徒歩で住宅街を抜け、一本の路を真直ぐ進むと見えてくる。
一般の墓地から入るエントランスがあり、そこから左右に礼拝堂とパビリオンへ。
向う道中、高田先生から独り言のような説明をお聞きし、巡りながらその言葉を実感。
公園のようなスケールで、外部に開かれた建築が点在。(礼拝堂のみ室内)
点在する建築を巡りながら、スカルパの建築で初めて風を感じる。
鳥の鳴き声を聞きながら、静かな場を体感。
内部というより外に居ながらでも、巡っているだけでまたもやレベルが変わり展開。
一方向にて進んでいると、フト左に。そしてまた進むと右へ。
礼拝堂・家族葬そしてパビリオンの廻りには、たくさんの場面が展開している。
それが室内ではなく、外部で光と風そして鳥の鳴き声を感じながら体感。
パビリオンでは、立った時と座った時とでは景色が違う。当然とは思うけれども、
巡る前と巡った後とでは気付くことが違う。
墓地という建築でありロケーションも大切だけれども、こんなにたくさんの思いがある
建築を体感できたことに感謝するしかない。
 

190316-3.jpg 190316-4.jpg190316-1.jpg


190316-5.jpg   190316-6.jpg

190316-2.jpg

< 北イタリアへの旅 Vol.1  |  一覧へ戻る

このページのトップへ